【伝える力を!】

Share on Facebook
LINEで送る

IMG_1227

9月は木曜日と金曜日が雨にやられた1ヶ月でしたね。
10月に入り流れが変わることを祈っています。
そう10月に入ります。
今年もあと3ヶ月!早いですね〜
やり残しのないように、日々集中して過ごしていきたいと思います。

おなじみの月末ゲームデイ!では1年生も雨天時の座学のおかげで勝ち点を覚え始めたこともあり、リーグ戦を実施しました。

差が付いてしまったゲームもありましたが、スクール生たちの着実な進歩をピッチ上でみることができて非常に嬉しく思いました。

IMG_1229まだまだヘンテコな場面も数多くありますが、それもご愛嬌。ピッチに立ちボールが動き出せば各々の楽しみ方で走り回っています。

 

さて今週はU-9チャレンジクラスが木曜日にも開催されます。
週に2回トレーニングできるメリットを活かすために、今週は新しいことにチャレンジします。

これまでは個々がチャレンジ、個々で振り返り、またチャレンジする、ということを続けてきました。
そして新たにグループ(まずは2人組から)でチャレンジする内容へとステップアップ。

ここで彼らU-9チャレンジクラスの選手たちの新しい課題が浮き彫りになります。

ひとりひとりが真剣に上達する喜びを目指して取り組んでいることは確かです。
しかしサッカーという競技の特性を考えたときに、個人だけでは成り立たない場面というものが多くあります。

グループでのチャレンジということは意思の疎通が不可欠となります。
ところが、実際にプレーをしてみると、自分ではチャレンジするつもりだったが仲間へその意思が伝わっていない、自分はチャレンジするつもりはなかったのに仲間にはその意思があった、ということが多々ありました。

自分でイメージしていることが仲間に伝わっていないためにミスとなる

という場面、どのように改善していけるか?
ひとつの方法としてコミュニケーションがポイントになります。
これまで「みる・きく」という力を付ける場面の設定は数多くしてきたつもりです。
翻って「伝える」場面は?少なかったように思います。

IMG_1277苦手なのではなく、力を付けるための積み上げをしていないだけです。
こちらでトレーニングやその他の場面において、伝えるということが不可欠な場面の設定を意識していきたいと思います。

そしてグループでチャレンジすることの楽しさと喜びを感じ、サッカーという競技の特徴でもある「同じことを考えて」「同じイメージを持って」今風に言えば「連動性ある」プレーすることを少しずつ体感することで、新しいサッカーの楽しさを得て欲しいと思います。

U-12トライクラスも負けるな!!

IMG_1231

 

伊藤 大介

カテゴリー: コーチブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree