【リバウンド】

Share on Facebook
LINEで送る

IMG_1471

相変わらず埼スタスクールのピッチ上には怪しいカメラ小僧が出没します(笑)

IMG_1469日々カメラに撮られる環境にいるスクール生たち。

なんやかんやで撮られることが上手になっているような気がします。

きっとプロサッカー選手になった時に、この経験が活かされることでしょう(笑)

 

IMG_1463スクール前の時間では1年生が可愛らしくいつもキャーキャーと遊んでいます。

今回の遊びはゾンビゲームなるもの、ボールを当てられると倒れ、しばらくするとゾンビになって襲いかかってくるという謎の遊び。

今度一緒に遊んでみようと思います。

 

IMG_1467U-8クラス、U-9チャレンジクラス、ともにスクール生たちの成長を感じています。

またスクール生たち自身は「まだまだ上達できる、したい」という感覚を持ってピッチ上だけでなく、自主的に時間を作って自分を高める作業を楽しんでいます。

そんな成果が垣間見える瞬間があり、瞬きすることすら惜しい時間になっています。

ここから冬に向けてペースを上げ、より活気ある空間になるように盛り上げていきます。
さらにこれはU-13クラス中学1年生のスクール生たちの残念過ぎる姿をみたことでより大きく実感できました。

中学生たちの曇っている目と言い訳をベースにした動き、直前まで目をギラギラ輝かせてプレーしている小学生と触れ合っていた僕にとってそのギャップは計り知れないものでした。

一緒にピッチに立つ価値を見出すことはできず、放置することにしました。
すると、何をするわけでもなく「ゲームでもやっていれば?」というこちらの言葉のままに、ただただゲームをこなすのみ。
それは決して「サッカーゲーム」とは言えず、ただの「球蹴り遊び」でした。

ルールを、コートを、チームを、様々なところでオーガナイズを変えることはできたはず。
放置された状況で「なんとかしよう」と自発的なアクションが起きなかったことも非常に残念でした。

時間が淡々と経過し、スクール終了の時間に。
彼らを集めてヒアリング。

・今日はどうだった?
――つまらなかったです。

・それはなぜ?
――何も考えずにゲームをしていたからです。

・何をしにスクールへ来ているの?
――サッカーが上手くなるためです。

サッカーが上手くなるため?
全くの問題外です。
上手くなりたい選手が、いきなり言い訳めいた態度を取り、言葉を発するでしょうか。

コンディションが悪くベストパフォーマンスを発揮しようとできないのであれば休むべきですし、そうでなければ怪我をしてしまいます。

そんなに意識が低い選手が「うまくなりたい」という言葉を口にする資格など当然ありません。
簡単にそんなことを言って欲しくありませんし、そんなぬるい意識でトレーニングのピッチに立って欲しくありません。

こういった内容のことを厳しい表現で彼らに伝えました。

もちろんサッカースクールですから様々な動機を持って参加することは承知していますか。
しかし、今日カミナリを落とした選手たちは1年前に目標設定をして、そこに向かって取り組んでいこうと約束した選手たちです。
さらに言えば、幼少の頃から彼らを指導していて、間違いなく数年前の彼らの、それこそU-9チャレンジクラスのスクール生たちのようにギラギラ目を輝かせてピッチに立っていた姿を知っています。

だからこそ、そうでなければ、こんなに叱ることはありませんでした。
おそらく埼スタのスクールで指導を始めて一番強烈に悲しく、腹が立ち、叱りました。

こんなにショックを受けたスクールは初めてです。

そして自分を振り返りました。

おそらく彼らのモチベーション低下には様々な要因があります。
日常、学校、これまでの経験、考え出すとキリがありません。

間違いなく彼らだけに原因があるわけではないことも理解しています。
社会背景、教育、大きな話になってしまうレベルですし、それが故に日本サッカー界(だけではないかもしれませんが)における中学生年代の指導の重要性を痛感しました。

そして僕自身です。
彼らへの想いは、トレーニングの準備は、ビジョンは、至る所に小さな欠陥があるのだと思います。
そうでなければ、彼らはああいう風になっていなかったと。

自分自身への説教でもあったスクール終了後の彼らへの叱りつけ、どのように跳ね返っていくか、彼らとのリバウンド対決。
絶対に来週は負けません。

~おまけ写真~IMG_1478

兄弟でスクール前にボール遊び。これぞサッカー兄弟!

伊藤 大介

カテゴリー: コーチブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree