【特別クラスの在り方】

Share on Facebook
LINEで送る

IMG_1549

木曜日もゲームデイとして存分にゲームを楽しみました。
シュートを決める喜び、ドリブルやパスで突破するワクワク感、キーパーや守備でボールを止める高揚感、失敗する悔しさ、そういったものを体感する有意義な時間と空間になっています。

その中で一つ気になることが。
挨拶することの意味についてです。

なぜゲームを楽しめるのか?
なぜ楽しいゲームができるのか?

その大切さを胸にピッチに立たなければ相手や仲間へのリスペクトは生まれません。
決まりごとのように挨拶し握手する姿はみていて気持ち良くありませんし、それであればやる必要すらありません。

IMG_1564ピッチに立つ姿勢、マナー、エチケット、ルール、技術よりも先に「基礎」としてあるべきものだと考えています。

そういった意識を無意識に持てるようになった時、これまで以上の楽しさと心地良さがあるゲームを体感できます。

自分自身で気がつくまで、忍耐強くアクションを続けていきたいと思います。

さて、木曜日はU-12トライクラスも担当しています。
そもそもトライクラスって何?

もう少し「在り方」を明確にしていかなければならない、と事務局長の中田さんとも話をしました。

チャレンジクラスにトライクラス。
チャレンジとトライ、どちらも「挑戦」という意味で捉えてしまうと思います。

久しぶりに英語の学習をすることにしました。

■try
an act of trying to do something(何かをしようという行動)

■challenge
a new or difficult task that tests somebody’s ability and skill(人の能力やスキルを試す、新しくて難しい課題)

こうしてみると、解釈が変わります。

・トライクラス=やってみようクラス
上達はしたいと思っている。でもどんなことに取り組めば良いのか、具体的にはわからない。
とにかくいろんなことをやってみて、自分が得意なものや上達したいものをみつける。

・チャレンジクラス=質を上げたい、できるようになりたいクラス
自分で新しい課題をみつけ、それと向き合い上達を目指す(努力をする)。
またできるようになったものも、そこに満足せずに質を上げていく、幅を広げていくことを継続する。

こういった認識でしょうか。
いずれにしても、このクラスに入るだけで「うまくなれる」わけではありません。

IMG_1566本人の意識、やる気、姿勢を高めた上で臨む必要があります。
そこを上げるのはコーチの仕事、ですが、それであれば通常クラスで十分です。

この特別クラスは入り口として自分を高める姿勢とトライもしくはチャレンジする志が必要です。
もし、そんな気持ちがあるスクール生がいれば是非体験してみてください。

IMG_1557話は変わりますが、最近スクール開催日が誕生日というスクール生に遭遇する回数が多くあります。

木曜日も一人のスクール生が「オレ今日誕生日!」と教えてくれました。

バースデーゴールを狙うことはもちろんですが、仲間から祝福されることが何よりも素敵なプレゼントだと思います。

みんなでハッピーバースデーを合唱!
盛り上がり、笑顔になり、拍手をする、こういった素敵な仲間とサッカーを通して時間を共に過ごせることは大きな宝物です。
もちろん誕生日プレゼントは別で欲しいとは思いますが(笑)

来週はもう11月です。2015年もあと2ヶ月となりました。
今年の目標を改めて振り返り、ラストスパートをかけていきましょう。

~お気に入り写真~IMG_1555

伊藤 大介

カテゴリー: コーチブログ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree